きれいな音色に効果絶大 ”指が弦に触れてきれいな音が出ない方に”

この記事は約3分で読めます。

ウクレレを楽しもう!まいどさんです。
今日も見てくれてありがとう。

努力は報われる

努力は報われる

きれいな音色でコードを弾きたい方に

指を立ててコードを押さえなさいとよく言われるんですけど
意識して練習したことがありませんでした。

今でも演奏の時に余計な時に指が当たって消音してしまったり
することがあります。

そこで指を立てる事を意識するいい練習方法がないかなと思いまして
二つの方法が効果的なことがわかりました。

この練習方法は以下の方に効果があります。

  1. コードを弾いていて弦に指が触れてしまいきれいな音が出ない
  2. 指を寝ていると言われる
  3. 指を立ててコードを押さえる効果的な方法を知りたい

おすすめの練習法はふたつです。

ひとつめは、クロマチックトレーニングです。

この練習方法はキヨシ小林さんの有名なウクレレの教習本
「ウクレレ・メソッド」の一番最初に出てくるものです。
なんと抜かして読んだのではと思うほどに記憶に残っていませんでした。

最初に1弦の1フレットに人差し指 2フレットに中指 3フレットに薬指 4フレットに小指
をそれぞれセットします。

その際に出来るだけボディよりのフレットの方を押さえるようにしてください。

今 4本の指は1弦の各フレットを押さえています。
スタートです。(タブ譜の2小節目からになります。)

1弦にセットした人差し指をひとつだけ外して2弦の1フレットを押さえます。
右親指で2弦を鳴らします。2弦の1フレットを押さえた人差し指は押さえたままです。

次は中指で2弦の2フレットを押さえて、右親指で2弦を鳴らします。
人差し指も中指も押さえたままです。

同様に薬指と小指も移動して弦を右親指で鳴らします。
4弦まで移動しましたら4弦を各指で各フレットを押さえた形になります。

次は3弦に移動します。同じく1指ごとです。
1弦から4弦方向は割と楽ですが
4弦から1弦方向は慣れないと苦労します。

きれいな音色を出すためには指を立てる必要があることに気づきます。
※4つの指が弦を離れるのは移動の時だけですよ。
4弦から1弦方向に向かう際に
きちんと指を立てていないと、弦に指が触れて音がきれいに出ません。
checkしてくださいね。
続いてはタッピングトレーニングです。

これは「Sonascribe Ukulele Lessson」さんで学びました。
左指を立てる練習に非常に効果的です。
ギターのレッスンから考え出されたのでは思います。

こちらは3フレット目からです。
指を弦に叩きつけていきます。
人差し指 中指 薬指 小指です。

叩きつけたら指を離して次の指を使います。
押弦したままではありません。

指が寝ていたら音が出ません。
弦を当てるのは指先です。
指を立てる感覚が身につきます。手首や手の位置など改善すべき点が自然に身につきます。

二つの練習方法ともに早ければいいというものではありません。
メトロノームを使ってテンポ60くらいから気長にされると良いと思います。

「Sonascribe Ukulele Lessson」さんの詳しい練習方法のページはこちらです。

できないコードがある、指が立てられない、速く動かないetc...左手の問題とフォームの解決に大きな効果を発揮するタッピング練習!
ウクレレの演奏、練習、弾き方について解説するブログです。 タブ譜、製品レビューなども掲載しています。

キヨシ小林さんベストセラーウクレレメソッドはこちらです。

 

本日もありがとうございます。
あなたとあなたの最愛の人の心にポロリン♪
おだやかで愉しい1日でありますように。

The following two tabs change content below.
まいどさん

まいどさん

ウクレレの腕前が”ひよっこ”の”まいどさん”です。。宮崎県在住の男です。 あらかじめお断りします。サーフィンは泳げないので出来ません。また、”ひよっとこ”でもありません。 ウクレレは、2010年7月から始めました。 1年くらい個人のウクレレ講師さんに月に1~2回教えていただきました。 あとはなんとなく弾いてます。 愛用のカメラはソニーのNEX-5T(デジタル一眼カメラ)です。 読書は、興味を持ったものを大事に読むようにしています。 2019/10/13 プロフィールアイコンを年齢不相応ですが、明るいものに変更しました。悪しからずよろしくお願いいたします。