ドイツWS64さんの癒しのウクレレ演奏動画「The End of the World」

この記事は約2分で読めます。

ウクレレを楽しもう!まいどさんです。
今日も見てくれてありがとう。

ドイツのウクレレプレイヤーのWS64さんの演奏が素敵です。

1960年代の曲なんですが、「The End Of The World」
日本タイトルは、「この世の果てまで」

アメリカ合衆国の女性歌手、スキータ・デイヴィス(Skeeter Davis)
が歌い1962年12月に発売されました。

たくさんの有名な歌手がカバーしています。
日本では、天地真理さん 竹内まりやさん 原田知世さんが歌われいます。

ソプラノウクレレで弾かれいます。

ウクレレらしい音色とゆっくりな感じがとても癒されます。

The End of the World (Ukulele solo)

最初サウンドホールで弾いていますが
ダウンストロークを入れた弾き方を変えると
指板のエンドあたりで弾かれます。

エンディングの最後もとてもおしゃれです。

失恋の歌なんですね。
歌詞も載せておきます。

◆世界の終わり◆

どうして太陽はまだ光っているの
どうして海は波を寄せているの
もう世界の終わりだって知らないんだろうか
だってもうあなたは私を愛していないんだから

どうして鳥はまだ歌っているの
どうして星は空で輝いているの
もう世界の終わりだって知らないんだろうか
あなたの愛と一緒に終わったのよ

朝目覚めて不思議に思う
どうして何もかも以前と変わらないでいるんだろう
本当にさっぱりわからない
どうやって命が続いていくのか

どうして私の心臓はまだ動いているんだろう
どうして私の目は泣いているんだろう
もう世界の終わりだって知らないんだろうか
あなたが別れを告げたときに終わったのよ

※こちらのサイトさんからの引用です。
https://threeleaves.hatenablog.com/entry/20120121/1327146287

ビートルズのカバーが有名です。比較すると音が大きいですよ。
こちらもソプラノウクレレです。

Ukulele solo: Beatles Medley

YouTubeチャンネルはこちらです。(10/1 チャンネル登録者数 1.05万人)

YouTube

Amazonミュージックで販売されています。

アップルミュージックでも販売されています。

「The End Of The World」Skeeter Davisさんの元歌はこちらです。

The End Of The World – Skeeter Davis

WS64さんが、「The End Of The World」は
1960年代のベストソングと言われています。

 

本日もありがとうございます。
あなたとあなたの最愛の人の心にポロリン♪
おだやかで愉しい1日でありますように。

The following two tabs change content below.
まいどさん

まいどさん

ウクレレの腕前が”ひよっこ”の”まいどさん”です。。宮崎県在住の男です。 あらかじめお断りします。サーフィンは泳げないので出来ません。また、”ひよっとこ”でもありません。 ウクレレは、2010年7月から始めました。 1年くらい個人のウクレレ講師さんに月に1~2回教えていただきました。 あとはなんとなく弾いてます。 愛用のカメラはソニーのNEX-5T(デジタル一眼カメラ)です。 読書は、興味を持ったものを大事に読むようにしています。 2019/10/13 プロフィールアイコンを年齢不相応ですが、明るいものに変更しました。悪しからずよろしくお願いいたします。