ウクレレのチューニングの合わせ方

この記事は約2分で読めます。

ウクレレを楽しもう!まいどさんです。
今日も見てくれてありがとう。

ローリングココナッツ#79に
「ウクレレ屋さんが堂々と、こっそり教えるウクレレのコツ」という
コラムのようなCMのようなコーナーがあります。

気になったのはチューニングの方法です。

キヨシ小林さんが「みなさんちゃんとチューニングしてる?」と
言われてますが、プロからするとアマチュアのチューニングの甘さが
気になるんでしょうね。

さてコラムの中で気になったのは、
チューニングの合わせ方は以下の3つが大事とのことです。

  • チューニングは音を大きく長く鳴らす。
  • アタック(出始めの音)で合わせるのではなく伸ばした音で合わせる。
  • 3回をワンセットにして合わせる。

この他に数曲ごとにチューニングをする。がありました。

この3つ結構いい加減にしている事がありました。

確かに音を大きく長く鳴らすと合わせやすいです。
出始めの音で合わせることがありました。
チューニングは1回すればいいやと簡単にやってました。

こちらのコラムを読んで以上の3つを注意してチューニングをするようにしました。

やり始めると、今までいい加減だったなあと思います。

どうです。チューニング

今一度チェックしてみませんか。

 

本日もありがとうございます。
あなたとあなたの最愛の人の心にポロリン♪
おだやかで愉しい1日でありますように。

The following two tabs change content below.
まいどさん

まいどさん

ウクレレの腕前が”ひよっこ”の”まいどさん”です。。宮崎県在住の男です。 あらかじめお断りします。サーフィンは泳げないので出来ません。また、”ひよっとこ”でもありません。 ウクレレは、2010年7月から始めました。 1年くらい個人のウクレレ講師さんに月に1~2回教えていただきました。 あとはなんとなく弾いてます。 愛用のカメラはソニーのNEX-5T(デジタル一眼カメラ)です。 読書は、興味を持ったものを大事に読むようにしています。 2019/10/13 プロフィールアイコンを年齢不相応ですが、明るいものに変更しました。悪しからずよろしくお願いいたします。