恥ずかしながら、演奏の時に足でリズムが取れないんです。

この記事は約3分で読めます。
まいどです~。
今日も見てくれてありがとう。演奏のときに足でリズムが取れないんです。
難しいところなどは特にそうなります。

ずいぶん前になりますが、先生に教えてもらっていた時に
これが出来ずにメロディにあわせてしまい、人前で大笑いされたことがあります。
めちゃくちゃ恥ずかしく、根に持ちました(^^)

ウクレレ奏者の佐藤雅也さんが、「ゆっくり弾く練習」ということで
足でのリズムの取り方についてブログに書かれています。
本当にその通りだと思いました。ゆっくり弾いて音符どおりきちんと弾ける様にするために
リズムをしっかり取ると言うことなんですね。

「 3ステップ方式でソロウクレレを誰でも弾けるようになる本」の
著者の方ですね。佐藤雅也さんて、まだお若い方だったんですね。ブログに写真があります。

足でリズムが取れない。
ゆっくり弾けない。
表拍と裏拍がわからない方は

こちらで勉強しましょう。
佐藤雅也さんのブログ「ギターもウクレレも」

「フリーテンポでもいいから
 音符を見て足でリズムとるかあ。」
さっそく練習してみます。

足をつけるところが表拍
足を上げるところが裏拍かあ
それで4分音符と8分音符に対応かあ。

とやってみたら、なんとできる所もあり出来ないところもあり。
これはいいように思います。

リズムが取れると上手に聞こえますもんね。

まずは、頭で考えても無理そうなので
身体に刻めるようにこれから訓練します。

ブログでの紹介は、今「その1」ですから続きそうですよ。
とかなんとか言ってたら、「その2」がアップされました。
その2は、テンポですね。

実は佐藤雅也さんは、佐藤洋平さんとウクレレデュオを組み
Ole’oと言う名前で活動されています。
オレオと呼ぶそうです。

ウクレレマガジン12で見ました。51ページですね。

発売されている譜面集その1です。


メロディ→伴奏→ソロの3ステップ方式でソロウクレレを誰でも弾けるようになる本(CD2枚付) (リットーミュージック・ムック)

譜面集その2も出てます。
評判いいですね。


メロディ→伴奏→ソロの3ステップ方式でソロウクレレを誰でも弾けるようになる本2 (CD2枚付) (リットーミュージック・ムック)

アルバムも出されています。
ハワイアンです。
アマゾンで試聴できますよ。


Aloha

本日もありがとうございます。

あなたとあなたの最愛の人の心にポロリン♪

おだやかで楽しい一日でありますように。

The following two tabs change content below.
まいどさん

まいどさん

ウクレレの腕前が”ひよっこ”の”まいどさん”です。。宮崎県在住の男です。 あらかじめお断りします。サーフィンは泳げないので出来ません。また、”ひよっとこ”でもありません。 ウクレレは、2010年7月から始めました。 1年くらい個人のウクレレ講師さんに月に1~2回教えていただきました。 あとはなんとなく弾いてます。 愛用のカメラはソニーのNEX-5T(デジタル一眼カメラ)です。 読書は、興味を持ったものを大事に読むようにしています。 2019/10/13 プロフィールアイコンを年齢不相応ですが、明るいものに変更しました。悪しからずよろしくお願いいたします。