オーディオ・インターフェース Tascam Us-366購入しました。

この記事は約2分で読めます。

 

まいどです~。

今日も見てくれてありがとう。

先日買った本「動画配信ガイド」を見て
エアー録音とライン録音の違いに興味を持ちました。

今まで、エアー録音(機材のマイクから生音をそのまま録音する)しか
やったことありませんでした。

きれいに録音できるそうなんです。
まっ技術は変わりませんが(^^;;;

そういえば、カルロス師匠はライン録音でした。
ムム どんな感じか興味が湧き出します。

さらに、この本の中にインタビューがありまして、
ギターリストの南沢大輔さんと言われる方が掲載されてまして録音機材を確しましたら
マイク録音ですが、オーディオ・インターフェースを使われてました。

これは買うしかない!

そこで、オーディオ・インターフェース Tascam Us-366購入しました。
ということなんです。


TASCAM オーディオインターフェイス DSPミキサー搭載 96/192kHz対応 USB2.0 US-366

ちょいと使ってみました。
ソフトのセットアップ等手間取りましたが、
ヘッドホンなども購入しまして。試してみました。

買ったのはコチラ 安かった。
JVC 密閉型ヘッドホン ポータブル HA-S400-B

ウクレレ ピックアップ+オーディオインターフェース+PC
ヘッデホンは、オーディオインターフェースにつなぎます。

接続には、変換アダプタが必要です。
こちらを買いました。
変換アダプタ ステレオミニ(メス)⇒ステレオ標準(オス)変換プラグ φ3.5mm⇒φ6.3mm MAIL-STMSS

こりゃ~いい
レバーブを上げてしんみりと弾きます。
お~音色が沁みる~

きれいに弾けているか、間はあっているかなどしっかり聞き取れます。
さらに、アンプから出す音のチェックにも使えます。
メトロノームを聞きながら弾いて録音もできます。
練習にも使えますね。

なかなかいいものを買いました。
まだまだ使いこなせていませんが、
ぼちぼち慣れていきます。

あっ ラインで弾いても
そのウクレレの独特な音色は、聞けますね。
ちょっと安心しました。
おんなじだとつまんないですもんね。

あんまり音を上げて聞いてたら耳が痛くなりました。
音量には気をつけないといけませんね。

いずれ、ライン撮りの演奏もアップします。
お楽しみに~(^^)

本日もありがとうございます。

あなたとあなたの最愛の人の心にポロリン♪

おだやかで楽しい一日でありますように。

 

The following two tabs change content below.
まいどさん

まいどさん

ウクレレの腕前が”ひよっこ”の”まいどさん”です。。宮崎県在住の男です。 あらかじめお断りします。サーフィンは泳げないので出来ません。また、”ひよっとこ”でもありません。 ウクレレは、2010年7月から始めました。 1年くらい個人のウクレレ講師さんに月に1~2回教えていただきました。 あとはなんとなく弾いてます。 愛用のカメラはソニーのNEX-5T(デジタル一眼カメラ)です。 読書は、興味を持ったものを大事に読むようにしています。 2019/10/13 プロフィールアイコンを年齢不相応ですが、明るいものに変更しました。悪しからずよろしくお願いいたします。