ウクレレ初心者向け「独学か教室か」(4)

この記事は約2分で読めます。

ウクレレを楽しもう!まいどさんです。
今日も見てくれてありがとう。

ウクレレとチューナーと楽譜を買えば、なんとか弾けるようにはなります。
だから独学でも弾けるようになります。現に上達されている方がいます。

しかしながら、頭でとらえる勉強と
肌で感じる勉強とは大きな開きがあります。

スピード良く上達したければ、自分の波長にあう先生のいる教室に通った方がいいと思います。
実際の模範演奏を目で見て聞いて真似をするのが上達の秘訣です。
アドバイスももらえますしね。

といいながら、私は今フリーです。

早めの習得を目指しまして最初ウクレレ買うと同時に
教室の門をたたきました。 タノモー!
そのときに感じましたのは、以下の内容です。

よかった点:知らない曲を教えてもらえた。好きな音楽の幅が広がった。
技術的なことを教えてもらえた。
できにくいところをできるようになるアドバイスをもらえた。
楽譜が手に入る。

悪かった点:教室のスピードにあわせないといけない。
時には間の抜けた授業もある。
アレンジが気に入らないときがある。
人間関係がありますので、ちょっとした行き違いなども起こります。
月に何回かの月謝が必要です。

今は、楽譜を元にゆっくり独学です。
しかしながら、学ぶスピードが遅くなり我流になるのは否めません。
時々ワークショップで勉強させていただいています。

ワークショップ(有名な先生からグループで教えていただく単発の講座)

良い点:先生にもよるかも知れませんが、中身の濃い勉強ができます。
他の生徒さんの質問が役に立ちます。
通常先生の模範演奏もありますので、肌で聞く演奏を楽しめます。

悪い点:はずれがあるかも知れません。
定期的に(毎月とか)学べません。
会費が必要です。

サークル(同好会のようなもので地域にあります。)
気の合う方がいるといいですね。
地域名でウクレレ サークルと検索すると出てきます。

良い点:仲間が増える。
教えてもらえる。
会費が安い。
あわせてくれる。

悪い点:全体練習がメインですので、人とあわせるのが苦手な方は合わない。
声の大きい人に流される。
上手な人はいるが、プロではない。

やはり困った時に教えてもらえるように
さらに上達するように
自分にあった学びの場を作った方がいいと思います。

 

本日もありがとうございます。
あなたとあなたの最愛の人の心にポロリン♪
おだやかで愉しい1日でありますように。

The following two tabs change content below.
まいどさん

まいどさん

ウクレレの腕前が”ひよっこ”の”まいどさん”です。。宮崎県在住の男です。 あらかじめお断りします。サーフィンは泳げないので出来ません。また、”ひよっとこ”でもありません。 ウクレレは、2010年7月から始めました。 1年くらい個人のウクレレ講師さんに月に1~2回教えていただきました。 あとはなんとなく弾いてます。 愛用のカメラはソニーのNEX-5T(デジタル一眼カメラ)です。 読書は、興味を持ったものを大事に読むようにしています。 2019/10/13 プロフィールアイコンを年齢不相応ですが、明るいものに変更しました。悪しからずよろしくお願いいたします。