これからウクレレを始めたい方に 「サイズ選びも大事です。」(3)

この記事は約2分で読めます。

ウクレレには、サイズがあります。

一般的に ソプラノ コンサート テナー
右に行くほどサイズが大きくなります。

ギターに比べたら、小さくて可愛らしいウクレレですが

携帯するならより小さい方が便利です。
音程重視ならば、大きいテナーが安定しやすいです。
操作性ならば、手の大きさに合わせた方がいいですね。

ジャカジャカ弾き語るならば、12フレットジョイントという
ボディとの継ぎ目が12フレットまでのウクレレでいいですが

ソロウクレレを目指すならば、14フレットジョイントの方が高度な演奏が楽しめます。

ウクレレのサイズは、今演奏者の多様性を反映して
より多くのサイズが出ています。

基本は、先に紹介した3サイズです。
ソプラノ コンサート テナーですね。

現在展示されるウクレレは、だいたい以下のようになります。

上から下順にどんどんサイズが大きくなっていきます。
ボディの大きさにつれて通常音も大きくなっていきます。

ベイビー(どこにでも連れていける小ささです。)
ソプラノ(飛行機移動はここまでが手荷物限度かも)
ソプラノロングネック
ミディアム(ソプラノとコンサートの間)
コンサート
コンテナ ミニテナー(コンサートとテナーの間)
テナー(ギターになれた方はこちらがおすすめかも)
バリトン

※バリトンは、チューニングが上記の種類の中でも違います。
通常は、GCEAですが、ギターと同様なチューニングです。DGBE

さておすすめですが、
男性ならばコンサートもしくはミディアムが体格にあっていいかと思います。
女性ならばソプラノもしくソプラノロングネックかミディアムですね。

ふたつめ以上のウクレレが欲しい場合
木材の材質で音色は変わりますが
同じ形を複数持つのでは無く、サイズで替えていくのもありと思います。

The following two tabs change content below.
まいどさん

まいどさん

ウクレレの腕前が”ひよっこ”の”まいどさん”です。。宮崎県在住の男です。 あらかじめお断りします。サーフィンは泳げないので出来ません。また、”ひよっとこ”でもありません。 ウクレレは、2010年7月から始めました。 1年くらい個人のウクレレ講師さんに月に1~2回教えていただきました。 あとはなんとなく弾いてます。 愛用のカメラはソニーのNEX-5T(デジタル一眼カメラ)です。 読書は、興味を持ったものを大事に読むようにしています。 2019/10/13 プロフィールアイコンを年齢不相応ですが、明るいものに変更しました。悪しからずよろしくお願いいたします。