ウクレレ弦交換

この記事は約2分で読めます。

まいどさんです。

なぜか占部のウクレレの音がもひとつ気に入らない。
特に1弦
弾いててがっかりする。

あまりにT‘sのソプラノばかりを弾いていたので
機嫌が悪くなったのだろうか?

調べてみるとAquilaの弦は
へたりが早いとの情報を確認。

変えたのは確か
昨年の4月16日 約8ヶ月か
換え時かもしれない。

といことで
弦の交換をすることにしました。

弦をはずします。
1弦と4弦の結び目がブリッジに食い込んでいた。
特に4弦は固くなっていて、思った以上に食い込んでいて
はずす時にTOPの表面を爪でこすってしまった。

とりあえずはずしました。


すっきり


すっきり
わかりにくいでしょうが4弦したに
爪で擦ったキズあり。


せっかくはずしたのでお掃除します。


クリーナー用のオイルと保護オイルです。


綿棒 ティッシュ 柔らかい布 グロスで
細かいところまでふきふきしてきれいになりました。


さて交換です。
Aquila弦は、丸印の色で弦を確認します。


食い込みとはずれ防止のために
ビーズを使うことにしました。
小さいでしょう。


結び目です。


1弦と4弦にこのようにビーズを通します。

 

ペグの穴に通して
穴の前の弦の下を通し


穴に通した弦を上に持ち上げて
持ち上げてる減の下にを一回押さえるように
下に巻いていきます。 ちょっと説明しづらい。

 


完成です。
気持ちよくなりました。


ビーズを通したブリッジの後ろから見たところです。
右端の穴ににビーズが見えます。

張りおえた後は
弦が伸びきるまでチューニングが不安定です。

ジャランジャランコードを押さえずに鳴らしてから
何度も巻き上げます。

やはり音が違います。
活きてる張りのある音に変わったように思います。

よく弾くウクレレは、弦を半年くらいで変えたほうがよいようです。
ウクレレはすべて、
Aquila の弦です。

T‘sのソプラノ も最終的に、 Aquila の弦にしました。
今はいい調子に鳴ってます。

前にAquila の弦があわないと書いたことがあります。
あれは、バイオ弦との相性が悪かったです。
バイオ弦は二度と買いません。

 

The following two tabs change content below.
まいどさん

まいどさん

ウクレレの腕前が”ひよっこ”の”まいどさん”です。。宮崎県在住の男です。 あらかじめお断りします。サーフィンは泳げないので出来ません。また、”ひよっとこ”でもありません。 ウクレレは、2010年7月から始めました。 1年くらい個人のウクレレ講師さんに月に1~2回教えていただきました。 あとはなんとなく弾いてます。 愛用のカメラはソニーのNEX-5T(デジタル一眼カメラ)です。 読書は、興味を持ったものを大事に読むようにしています。 2019/10/13 プロフィールアイコンを年齢不相応ですが、明るいものに変更しました。悪しからずよろしくお願いいたします。