ウクレレの歴史などを語ってみます

ウクレレを楽しもう!のまいどさんです。
今日も見てくれてありがとう。

hawaii-90931_960_720

ウクレレはハワイの楽器?

ウクレレは、ハワイの楽器です。
しかしその源流はヨーロッパのポルトガルにあります。

19世紀後半、ハワイ王国はサトウキビ畑の労働力として世界各国からの移民を受け入れました。

1879年8月23日(ウクレレの日)
ポルトガル移民がハワイに持ち込んだ故郷の楽器「ブラギーニャ」がウクレレの起源と言われています。

ハワイに到着後、移民の中にいた演奏家が、ブラギーニャを使いハワイの人達の前で演奏を披露し歌い踊ったと言われています。

ポルトガル移民の中には職人が3人おり、この3人がハワイの木材を使って「ブラギーニャ」を作りました。

これがウクレレの始まりです。

lgf01a201407160200

ウクレレの名前の由来

ハワイ語で「Uku」はノミ、「LeLe」は跳ねるの意味があります。
名付けには諸説あります。

兵役を終えてハワイにやってきたイギリス軍人エドワード・パーヴィスは
ブラギーニャを演奏していた。小柄なエドワードが演奏する姿が「飛び跳ねる蚤」
つまりUKU(ノミ)、LELE(跳ねる)似ているのでそう呼んだという説。
他には、演奏家の素早い指の動きが飛び跳ねる蚤を思い起こさせたという説があります。

gf01a201503021500

日本でのウクレレの歴史

日本にウクレレが広まったのは、
1910年くらいから始まったハワイアンブームによります。
その後戦争により、ハワイアンブームは収束します。

1960年には、米軍兵士として米軍基地に赴任したハーブ・オオタさんが
ウクレレソロの演奏会を開催したり、加山雄三さんが映画でウクレレを使ったり、
牧伸二さんのウクレレ漫談「あーやんなっちゃった」の流行などで、
再度ウクレレが広まるようになりました。

1980年頃からはハーブ・オオタさん(オータサン)が毎年来日。
Low-Gのウクレレによるジャズのソロ弾きで魅了。

少し間が空きますが、NHKの趣味悠遊という番組も貢献しています。
1998年NHKの趣味悠遊ウクレレ講座 高木ブーさん
2008年NHKの趣味悠遊ウクレレ講座  IWAO (山口岩男)さん
ブーさんとIWAOさんの間が10年も開いてるんですね。

その間にも有名なウクレレミュージシャンやイベントが登場しています。

2000年にはウクレレピクニックが開催されました。
今現在 ウクレレピクニックYOKOHAMAとウクレレピクニック in Hawaiiが毎年開催されています。

2002年 つじあやのさんがスタジオジブリ制作映画『猫の恩返し』で主題歌「風になる」を発表。ロングヒットを記録する。

ジェイク・シマブクロさんの活躍

2006年にすごい映画が出ました。
「フラガール」です。
A5D5A5E9A5ACA1BCA5EB

ジェイク・シマブクロさんがテーマソングをウクレレで弾きました。
ウクレレで弾いているとは思えないかっこいいきれいな曲でした。

2006年12月には紅白歌合戦に夏川りみさんのバックで登場。
2007年7月にはフジ・ロック・フェスティバル07にウクレレで出演。

ウクレレのイメージを変えた立役者です。
続々とクールなウクレレミュージシャンが誕生しました。

参考:関口和之著 新ウクレレ大図鑑
渡辺直則著 いつでもどこでもウクレレ弾こうよ

本日もありがとうございます。
あなたとあなたの最愛の人の心にポロリン♪
おだやかで愉しい1日でありますように。

The following two tabs change content below.

maidosan

maidosan(まいどさん)と申します。 宮崎県在住(2017年5月より大阪より移住)の男です。 趣味は、ウクレレ・読書・カメラです。 北海道と三河湾で100kmウォーキングを完歩いたしました。 歩くのも趣味のひとつです。 ウクレレは、2010年7月から始めました。 ジェイクシマブクロさんに憧れ オータサンに感銘し、キヨシ小林さんに魅了され、 富永寛之さんのYouTube演奏に癒され目覚めました。 愛用のカメラはソニーのNEX-5T(デジタル一眼カメラ) です。 気に入った写真をInstagramにアップしています。 読書量は年間100冊でしたが、 最近は量より自分が興味を持ったものを大事に読むようにしています。 よろしくお願いいたします。