建築物ウクレレ化保存計画の伊達さんとチチ松村さんの対談イベント

まいどさんです。
今日も見てくれてありがとう。

こんなウクレレ関連のイベントが大阪でありますので
ご紹介いたします。

大阪大学総合学術博物館 第8回特別展「待兼山少年」スペシャル・トーク
待兼山少年 最終章 ウクレレ
伊達伸明(建築物ウクレレ化保存計画)✕チチ松村(ゴンチチ)

今回のイベントでは、第1部で「おみおくりプロジェクト」から「待兼山少年」までの一連のプロジェクトを振り返る。第2部では、伊達が旧自宅部材を用いて制作したウクレレをお披露目するとともに、「建築物ウクレレ化保存計画」をめぐって、これまでも対談を重ねてきた音楽家のチチ松村と対談する。

【日 時】:平成27年11月7日(土)18時開演(17時30分開場、19時30分終演予定)

【会 場】:大阪大学21世紀懐徳堂スタジオ(大阪大学豊中キャンパス・大阪大学会館1F)

【定 員】:50名(申込先着順)

【参加費】:無料

【申込方法】:WEBフォームにて申込受付 10月13日(火)より申込受付開始します。

【お問い合わせ】:大阪大学総合学術博物館

〒560−0043大阪府豊中市待兼山町1−13

TEL:06-6850-6714

【アクセス】:大阪大学豊中キャンパス大阪大学会館1F

阪急電鉄宝塚線 石橋駅下車徒歩約15分

大阪モノレール 柴原駅下車徒歩約15分

Exif_JPEG_PICTURE

スペシャル・トーク  待兼山少年 最終章 ウクレレ

建築物ウクレレ化計画とは

「当代の芸術の存在感を顕す」アート、写真、絵画、デザインなど、ビジュアル書を核としつつ、文学や評論へも出版分野は広がる。表現形態を問わず、人の営みを内面から照射し得るような作品を手がけたい。
『建築物ウクレレ化保存計画』でお馴染みの美術作家、伊達伸明さん。今回のインタビューでは、伊達さんのこれまでの多様な活動についてお伺いしました。ちなみに冒頭の写真...

待兼山少年とは

本日もありがとうございます。

あなたとあなたの最愛の人の心にウクレレポロリン♪
おだやかで楽しい一日でありますように。

The following two tabs change content below.

maidosan

maidosan(まいどさん)と申します。 宮崎県在住(2017年5月より大阪より移住)の男です。 趣味は、ウクレレ・読書・カメラです。 北海道と三河湾で100kmウォーキングを完歩いたしました。 歩くのも趣味のひとつです。 ウクレレは、2010年7月から始めました。 ジェイクシマブクロさんに憧れ オータサンに感銘し、キヨシ小林さんに魅了され、 富永寛之さんのYouTube演奏に癒され目覚めました。 愛用のカメラはソニーのNEX-5T(デジタル一眼カメラ) です。 気に入った写真をInstagramにアップしています。 読書量は年間100冊でしたが、 最近は量より自分が興味を持ったものを大事に読むようにしています。 よろしくお願いいたします。