ウクレレ上達祈願詣り!弦楽上達祈願めぐり 京都山科

まいどです~。
いつもご覧いただきましてありがとうございます。ウクレレがうまくなりた~い!
練習はしてるけど、さらに上達するために
もっと表現力豊かになるためには・・・やっぱり 神頼みです。キッパリ!

ということで
今回は、京都山科の「弦楽上達祈願めぐり」に行きました。

京都 山科ってご存知ですか?
滋賀と京都の県境のところです。
京都駅よりちょっと東ですね。

今回、弦楽上達めぐりと言うものがあることを知ったきっかけは
コチラのパンフレットです。

由来は、平安時代 今から1160年ぐらい前のことになります。
仁明天皇の第四皇子に人康親王 (さねやすしんのう)831年~872年6月14日
という方がおられました。

病気で目を患われ、京都より東の山科の地で暮らされるようになりました。
和歌に秀で琵琶の名手で、後に琵琶法師の祖と仰がれました。

平安時代に目を悪くされると
今のように福祉もすすんでいないので、生きるのに苦労されたと思います。

目を悪くされ、琵琶で生計を立てる者にとって
人康親王は、生きる道しるべを与えてもらう対象であったと思います。

そうしたことで、人康親王の縁の場所を「弦楽上達祈願めぐり」として
紹介しているそうです。

今では、ギター・ウクレレ・バイオリン・べース・チェロ・二胡・琴など
弦楽を学び上達したい方が祈願に訪れています。

さて山科駅です。
駅の看板の下になにやらぶら下がってます。
京山科のナスのキャラクターだそうです。

パンフレットを頼りにまず1番目 諸羽神社です。

縁起がかかれてあります。
ふむふむ

社の横にある琵琶石は、人康親王が座って琵琶を弾かれたそうです。

神社を後にして次の場所に

こちらの石 柄がちょっと変わってますよね。
願いながらなでなでするといいらしいです。

左手の指の関節が痛いのと
右の手首が痛いので
両手共に触りました。

頼んだよ。

こちらですが、
この地は昔から、飛脚が盛んな土地とのことで
丸に通の字のマークを使っていたそうです。
今でも使っているのは、日通さんですね。

さて二番目です。
徳林庵です。
お地蔵さんがおまつりされてますが、人康親王の化身と言われているそうです。

こちらの戸の隙間からお賽銭を入れます。

裏には、人康親王と蝉丸供養塔です。
蝉丸と言われる方も琵琶法師らしいです。

お地蔵さんです。
右端のお地蔵さんが琵琶を持ってます。
前掛けとらないと見れないそうです。実は見てません。

縁起文ですが、読めない。

<img
src=”http://enjoyukulele.com/wp-content/uploads/1970/01/o0400026513022206358.jpg” ratio=”1.509433962264151″ id=”1406974100419″ style=”width: 400px; height: 265px; border: none;”>

続いて十禅寺です。
三番目ですね。

こちらは、観音様をおまつりされてます。

さて人康親王のお墓です。

宮内庁の管轄なんですね。

駐車場に入って近くまで行きました。

こちらがご廟所になります。

さて最後 4番目です。
四ノ宮神社です。

4箇所に各自シールがありますので
それを集めました。

四宮駅の改札前の駅員さんに見せて
記念品をもらいます。

この京阪電車の色がカワフルでかわいいですね。

鉄ちゃん風に撮ってみました。

山科駅に戻りまして
喉を潤すことにしました。

「はたこや」さんというお店でビールとランチ

ごちそうさまでした。

一人用のカウンターが

ありまして落ち着いて食べれました。大阪から往復3時間半の旅でした。
楽しかった。
ウクレレ うまくなれ!
本日もご覧いただきまして、
ありがとうございます。
あなたとあなたの最愛の人の心にポロリン♪
おだやかで楽しい一日でありますように。
The following two tabs change content below.

maidosan

maidosan(まいどさん)と申します。 宮崎県在住(2017年5月より大阪より移住)の男です。 趣味は、ウクレレ・読書・カメラです。 北海道と三河湾で100kmウォーキングを完歩いたしました。 歩くのも趣味のひとつです。 ウクレレは、2010年7月から始めました。 ジェイクシマブクロさんに憧れ オータサンに感銘し、キヨシ小林さんに魅了され、 富永寛之さんのYouTube演奏に癒され目覚めました。 愛用のカメラはソニーのNEX-5T(デジタル一眼カメラ) です。 気に入った写真をInstagramにアップしています。 読書量は年間100冊でしたが、 最近は量より自分が興味を持ったものを大事に読むようにしています。 よろしくお願いいたします。